ロンドン・ゲートウェ―建設に着手‐港と物流基地を兼ねる大型インフラ

1月5日に工業港「ロンドン・ゲートウェー」が着工された。国内最大級のインフラプロジェクトで、物流の改善と雇用の創出が期待される。
建設地はロンドン東25マイル離れたテムズ川北岸、敷地面積約6平方キロ。大型貨物船が寄港できる港と物流基地を合わせた施設で欧州最大規模となる。
トラックが港湾から遠く離れた配送センターに貨物を運搬する代わりに、コンテナ貨物は新港の物流センターで荷降ろしされ、CO2と物流コストの削減に貢献する。
 
1月19日 通商弘報から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。