欧州 新聞・出版用紙メーカー減産へ

新聞用紙及び出版雑誌用紙の需要低迷しており、市場価格下落を阻止する目的で、欧州メーカー(ノルウェー・ノースケスコグ等)は第3四半期の減産を計画している。
ノースケスコグ社自身は約10%の減産を計画。欧州他社も同様の措置を考慮中。欧州全体の最近の稼働率は80%程度で、減産が実施となると総減産量は能力の20%に相当する。
6月20日付け Euwid Pulp & Paperから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。