インド製紙産業概況

インド製紙産業に対し識者は、競争力維持のために透明性とシェア意識を保たなければならないとの見解をしめした。
インドの一人当たり紙・板紙消費量は7キロで、年間成長率は8パーセントである。生産量および消費量は8百万トンで、2015年には1,700万トンに達する見込み。
政府は輸入関税をASEAN諸国並みとするとしており、今後は産業界の環境が厳しくなるとみられる。製紙産業の生産性は基幹産業のなかで2番目に低くなっており、大半の企業は輸入に対抗できる競争力がない。
Paper manufacturing ? Is it viable in India?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。