ベトナム 製紙産業発展に今後10年に70億㌦必要

ベトナム工業・貿易部の発表では、2020年から2025年間の製紙産業発展には70億㌦必要との予想を公表。経済発展や生活水準の向上で、ベトナムは紙板紙需要が絶えず拡大。2011年から2015年に伸び率は年平均13.5%、但し、2016年から2025年は年平均9%とダウンする。2020年にベトナムの一人当たり紙消費量は66kgと世界平均に達する見込み。2015年までに予想生産能力増は130万㌧となり、現在の能力が2倍となる模様。パルプの生産量は需要の70―80%しか対応できないが、2015年には90%の需要を賄える。生産需要拡大に対応し、ベトナムでは全国に8ケ所原材料植林基地(128万ヘクタール)を建設する。
11月24日付け 中国紙網から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。