米製紙メーカーのインドネシア開発に非難

Rainforest Action Network は、米 International Paper 社がインドネシア熱帯雨林に120万エーカーのパルプ工場を計画していることを非難した。また、年次会合において、同社が政策を守り、地球温暖化防止と生体多様性地域を破壊しないよう、インドネシアの開発計画を中止するよう申し入れる。
International Paper Threatens to Violate Own Policy by Expanding Into Indonesian Rainforest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。