中国造紙工業2007年度報告

当組合が入手した中国造紙協会「中国造紙工業2007年度報告」によると、2007年の中国紙・板紙生産量は7,350万トンで前年比は13.1%増となった。そのうち、新聞用紙は450万トン(同20.0%増)、非塗工印刷用紙は1,340万トン(同9.8%増)、塗工印刷用紙は510万トン(同11.0%増)、包装用紙は530万トン(同1.9%増)、白板紙は1,050万トン(同11.7%増)、ライナーは1,360万トン(同18.3%増)、中芯原紙は1,340万トン(同18.6%増)となっている。
同消費量は合計が7,290万トンで前年比は10.5%増となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。