2018年 中国紙類貿易動向

紙・板紙輸出
2018年1−12月の中国紙・板紙輸出は474万7,955㌧、前年比は15.9%減となった。貿易バランスは115万9千㌧の輸入超過、貿易特化係数はマイナス0.11となった。品種別では、新聞用紙が7,467㌧(同17.1%減)。特定形状品(PPC)は36万8,311㌧(同16.1%減)。日本向けが19万1,266㌧(同9.5%減)。コート紙は106万2,855㌧(同13.3%減)、中質コート紙は43万5,322㌧(同19.0%減)、合計149万8,177㌧(同15.1%減)で100万6千㌧の輸出超過となった。
板紙では段ボール原紙が合計5万9,212㌧(同38.4%減)、塗工白板紙は170万2,737㌧(同12.5%減)となった。
紙・板紙輸入
同輸入は590万7,291㌧で前年比は34.3%増となった。そのうち新聞用紙は47万9,835㌧(同44.5%増)。上級印刷用紙は51万1,176㌧(同19.4%増)で、インドネシアから30万9,849㌧(同9.4%増)。塗工印刷用紙合計は49万2,565㌧(同10.2%増)となった。
板紙合計は335万2,319㌧(同38.5%増)となった。そのうちクラフトライナーが99万9,424㌧(同36.5%増)。中芯原紙(再生品)が100万308㌧(同91.6%増)で、インドネシアから39万7,391㌧(同2.6倍)。段ボール原紙合計は246万5,400㌧(同59.6%増)となった。塗工白板紙が56万9,453㌧(同12.9%減)となった。

古紙輸入
同古紙輸入は合計1,703万2,911㌧で前年比は33.8%減となった。そのうち米国から636万8,652㌧(同45.5%減)、英国から209万4,800㌧(同30.7%減)、オランダから74万4,875㌧(同41.4%減)と同急減。一方、日本から275万2,581㌧(同9.7%増)、韓国から40万3,887㌧(同43.5%増)などと同増加。
品種別では段ボール古紙が1,293万8,832㌧(同14.1%減)、上質古紙が70万346㌧(同17.0%減)、新聞・雑誌古紙が337万9,246㌧(同31.0%減)となった。その他(ミックス)古紙は2018年より輸入禁止となり、前年残の1万4,487㌧(同99.7%減)にとどまった。

中国2018年1-12月輸出入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。