ヨーロッパ州 独Progroup社が再生コンテナーボード年産75万トンの新工場建設へ

ドイツのProgroup社は2月中旬に、新たな別の製紙工場建設に向け積極的な準備を進めているとの発表をしていたが、このほど建設予定地を決定したことが分かった。同社は、ドイツ国内Bitterfeld近郊のSandersdorf-Brehnaに最新鋭の新たな製紙工場を建設する計画を公表した。建設工事は2019年第1四半期に開始を予定しており、現時点での計画では建設プロジェクトは2020年下半期に完了する見込みとしている。Progroup社傘下では、Propapier社とProwell社の生産設備が、同社事業の両部門の生産能力を最適な方法で均衡させる目的で、対応するシステムを形成している。

5月16日付RISIから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。