中国晨鳴紙業高品質品で競争力アップへ

5月18日の発表では、同社の100%子会社山東省寿光美倫紙業は総投資額9.70億元(邦貨約146億円)で年産60万トンの高級塗工白板を生産する。既に海外機械メーカー[フォイト社、メッソ社]及び国内メーカーと機械設備購入契約を締結した。晨鳴紙業は中国国内最大の製紙メーカーで現行能力合計約350万トン。業界の技術的優位性を維持するため世界最先端の設備を導入し、高品質で市場での総合的競争力を高める意向。
5月20日付け 中国紙網から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。