中国晨鳴紙業2009年業績-需要減で下降

中国最大の製紙メーカーの総生産能力は現在350万トン。2009年の売上高実績は148.85億元で対前年比4.15%減少した。主な理由として上半期の需要が減少し、価格下降のもとで在庫消化に励んだ結果。但し、販売量は左程減少しておらず、2009年上半期の生産量は145.16万トン、販売量は151.93万トンで対2008年比で其々8.43%、0.16%の減少であった。昨年はコート紙を始め、新聞、板紙等の価格が8から25%下降した。2010年は各品種とも価格が上昇しており(4月には15から32%上昇)、業績も好転する見通し。
4月14日付け 中国紙網から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。