紙媒体の変遷について

音楽媒体がカセット、CDそしてMP3と変遷してきたように、紙媒体もインターネットの登場で変遷してきている。
北米では1999年に最高であった新聞用紙需要は5年後に16%減少、10年後には57%の減少を記録した。上質紙の需要も北米では1999年以来33%減少した。欧州では過去10年間にマーケットが成熟し2000年にピークであった新聞用紙の需要は2010年に24%下降する見込み。変遷の歴史から判断すると、需要というものは最高時と比べ10年後に50-75%減少、15年後には75-98%減少する。これによると、欧州西側の上質紙の需要は2014年までに230万から470万トンのレベル、2019年までには18.7万トンから230万トンのレベルまで下降することになる(現行需要710万トンと予想)。
 
PPI International March 2010より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。