2015年中国造紙工業情勢

中国造紙協会は7日、中国造紙工業2015年需給情勢をまとめた。

それによると、2015年の新聞用紙生産量推計は前年比10%減の290万トン、同消費量は8%減の293万トンとなった。同印刷筆記用紙は生産が約1,740万トン、消費量は同2.5%増の1,670万トン、塗工紙生産は同横ばいの680万トン、消費量は同1.3%増の595万トンとなった。

生活用紙生産は同6%増の約880万トン、消費は同7%増の813万トンとなった。

白板紙生産は同横ばいの約1,395万トン、消費は同横ばいの1,300万トンとなった。

段ボール原紙はライナー生産が同3%増の2,250万トン、消費が同2.7%増の2,300万トン、中芯原紙生産が同3%増の2,220万トン、消費が同3%増の2,222万トンとなった。

2015年の紙・板紙合計生産量推計は前年比2.0%増の1億700万トン、消費量は同3.2%増の1億400万トンとなった。

ITC CRMセミナー 

国連International Trade Centerは16日、CRM(Customer Relationship Management)セミナーをインターネットをつうじて開催した。

CRMについて顧客のニーズと関心についての情報を収集し、1.顧客にサービスを提供する、2.顧客の輸出実績を追跡し、3.満足度と成果を評価し、4.組織の発展に適合させる分析ツールであるとした。また、SMEs(Small,Middle Enterprise)が大企業に対抗しうるツールだと述べた。そのほか、オープンソースのCRMシステムとしてvtiger CRMをあげた。

(セミナーのビデオは当組合にて視聴可能)

2015年11月 中国、韓国コート紙輸出統計

2015年11月の中国コート紙輸出は合計で8万2,925トン(前年比17.3%減)、そのうち日本向けは1万1,227トン(同19.5%減)、米国は2,116トン(同2.2倍)、EU27か国合計は1万839トン(同9.2%減)となった。同1-11月累計は合計で100万6,468トン(前年比12.7%減)、そのうち日本向けは14万4,347トン(同11.4%減)、米国は1万4,613トン(同14.0%減)、EU27か国合計は11万6,267トン(同32.3%減)となった。

2015年11月の韓国コート紙輸出は合計で10万2,854トン(前年比7.7%減)、そのうち米国向けは2万2,422トン(同12.5%減)、日本は5,985トン(同15.9%減)となった。同1-11月累計は合計で127万2,008トン(前年比8.6%減)、そのうち米国向けは29万5,603トン(同4.2%減)、日本は6万4,454トン(同36.7%減)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。

2015年11月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で3万4,041トン(前年比20.1%減)、そのうち米国向けは1,072トン、EUは4,585トン、日本は256トン(同66.1%減)となった。同1-11月累計は合計で46万8,846トン(前年比14.5%減)、そのうち米国向けは1万407トン、EUは7万2,609トン、日本は1万1,709トン(同50.8%減)となった。

2015年11月 中国コピー用紙輸出統計

2015年11の中国コピー用紙(HS480256特定形状)輸出は3万2,647トン(前年比29.3%減)で、そのうち日本向けが1万4,876トン(同2.2%増)、米国向けが4トン(前年6,797トン)となった。

同1-11月累計は41万9,007トン(同20.6%減)で、そのうち日本向けが16万3,550トン(同7.3%増)、米国向けが1万9,307トン(同81.0%減)となった。