中国造紙産業発展政策

中国国家発展改革委員会は10月30日、十一章六十五条からなる「造紙産業発展政策」を頒布した。
それによると、現在まで紙・板紙合計で、メーカー数3,600社、生産能力7,000万トン、生産量5,600万トン、消費量5,930万トンとしたうえで、2010年までの増設を2,650万トン、設備廃棄650万トン、差引き生産能力を9,000万トンとするとの政策目標となっている。

米商務省、軽量サーマルペーパーAD、CVDを調査

米国商務省は10月29日、中国、ドイツ、韓国の軽量サーマルペーパー (Lightweight Thermal Paper) に対しアンチダンピング、同中国に対し相殺関税の調査を開始した。
Commerce Initiates Antidumping (AD) and Countervailing Duty (CVD) Investigations on Lightweight Thermal Paper from the People’s Republic of China (AD/CVD), Germany (AD) and Korea (AD)
Appleton Papers, Inc. が提訴したもの。
ダンピング率は中国が108.25%、ドイツが29.79%-75.36%、韓国が40.30%-65.63%で、相殺関税は中国が1-2%以上となっている。
このあと、貿易調査委員会の仮決定は11月23日に予定されている。

2007年9月中国、韓国コート紙輸出統計

2007年9月の中国コート紙輸出は合計で8万7,731トン(前年比4.4%減)、そのうち米国向けは1万1,803トン(同45.1%減)となった。同1?9月の累計は68万9,307トン(同6.1%増)、同米国向けは12万9,926トン(同42.5%減)となった。
2007年9月の韓国コート紙輸出は合計で13万3,386トン(前年比1.2%減)、そのうち米国向けは3万4,177トン(同1.6%減)となった。同1?9月の累計は130万546トン(同0.1%増)、同米国向けは33万6,115トン(同7.7%減)となった。
※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。
2007年9月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で6万2,701トン(前年比2.7倍)、そのうち米国向けは3万8,429トン(同約14倍)となった。

中国、コート紙アンチダンピング再調査

中国商務部は11月5日、王子製紙のコート紙 (Coated Art Paper(or Board),Coated Woodfree) について、アンチダンピングの再調査をすると発表した。
商?部公告2007年第88号 ?于?原?于日本王子制?株式会社的?口?版??起反??????公告
中国のコート紙アンチダンピングは2003年8月6日に発布されている。今回の調査は現在56%のダンピング率に対するもの。

中国、古紙輸入価格が高騰

Chinapaperonline によると、2007年1-8月の中国古紙輸入合計は1,564万トン(前年比20.4%増)となった。米国からの#11(OCC)、#8(ONP)の古紙価格は190ドル/トンと高騰し、新聞用紙および包装用紙メーカーの収益を圧迫している。
Price Surge of Imported Recovered Paper Hurt China Paper Producers

中国商務部、米サーマルペーパーAD、CVDに反対声明

中国商務部は9日朝、米国商務省が10月29日、軽量サーマルペーパーのアンチダンピング及び相殺関税の調査を決定したことに対し、反対する声明を発表した。
商?部新??言人就美宣布?中国低克重?敏?正式?起反??反??合并???表??
このなかで、米国の決定を「失策・軽率」だとして、中国側の産業に強い不満を与えていると述べた。

米国2007年9月コート紙輸入統計

米商務省が9日発表した貿易統計によると、2007年9月のコート紙(Coated Woodfree)輸入は、合計8万6,354トンで前年比は32.4%減となった。そのうち中国からは514ンで前年比は97.8%減と少量。同韓国は3万2,658トン(前年比2.2%減)、インドネシアは144トン(97.3%減)となった。2007年1-9月の累計は、合計が87万7,990トン(28.7%減)、そのうち中国は6万8,427トン(65.7%減)、韓国は30万5,070トン(8.3%減)、インドネシアは7,890トン(81.6%減)となった。
なお、2007年9月の中質コート紙の輸入は、合計16万2,191トンで前年比は14.8%増となった。そのうち中国からは3万760トンで前年比は約8.8倍。2007年1-9月の累計は、合計が131万3,127トン(7.6%増)、そのうち中国は12万5,707トン(約22倍)。

海外貿易統計の出典について

当組合の貿易統計は、各国の税関等の発表をもとに資料を作成しております。
そのうち、インターネットで入手できるものとしては次のものがあります。
財務省通関統計
http://www.customs.go.jp/toukei/info/index.htm
米国USITC Interactive Tariff and Trade DataWeb
http://dataweb.usitc.gov/scripts/user_set.asp
米国USA Trade Online
http://www.usatradeonline.gov/
EU Eurostat
http://fd.comext.eurostat.cec.eu.int/xtweb/mainxtnet.do
台湾国際貿易局
http://cus93.trade.gov.tw/fsci/
タイCustoms Department of the Kingdom of Thailand
http://www.customs.go.th/Customs-Eng/Statistic/StatisticIndex.jsp?menuNme=Statistic
また、日本貿易振興機構(ジェトロ)ビジネスライブラリーでは各国の統計が閲覧できます。(コピー有料)
http://www.jetro.go.jp/library/list/wta/
いずれも統計ベースはHSコードによる分類です。当組合では、これらをもとに品目による集計データを作成しております。
※ このブログに対するご感想、ご批評がございましたら、コメント欄にご記入くださいますようご協力をお願いいたします。

日ASEAN 経済連携協定妥結

日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)は19日、経済連携協定(EPA)交渉を終結した。
日本とASEAN、経済連携協定の交渉妥結
ASEAN加盟国はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアの10カ国。日本のASEAN向け紙・板紙合計輸出は、2006年で数量が42万4,397トン(前年比6.3%増)、同金額は368億9千3百万円(同12.4%増)、2007年1-9月は数量が37万2,838トン(同17.9%増)、同金額は335億9千2百万円(同22.4%増)となっている。

米貿易委員会 中国コート紙AD/CVDを否決

米国貿易委員会 (International Trade Commission) は20日、コート紙 (Coated Woodfree Sheet) に対するアンチダンピング (Anti Dumping) 及び相殺関税 (Countervailing Duty) について最終判定をした結果、米国企業に実質的な損害を認めないと決定した。
U.S. panel nixes duties in landmark case vs China

米貿易委員会 AD/CDV リリース

米国貿易委員会は20日付けで、コート紙およびサーマル紙のアンチダンピングおよび相殺関税に関するニュースリリースを発表した。それによると、コート紙のAD/CVDについては米国への損害を否定、サーマル紙については、韓国を除き調査継続としている。
Coated Free Sheet Paper from China, Indonesia, and Korea [11/20/2007]
Certain Lightweight Thermal Paper from China, Germany, and Korea [11/20/2007]

日タイEPA関税削減試算

11月より発効された日本とタイにおけるEPAにより、紙類関税が段階的に撤廃される。年間削減率は、新聞用紙が0.03バーツ/Kg、印刷用紙が1.25%となっている。
タイの2006年における日本からの輸入は、新聞用紙が4万8,766トンで金額が8億8千万バーツ、印刷用紙合計が6万5,107トンで金額が22億9千万バーツとなっている。両品種による年間の関税削減額は約3千万バーツ(円換算約1億円)と試算される。
タイ関税削減スケジュール(PDF)