Archive for 7月, 2007

2007年5月中国、韓国コート紙輸出統計

2007年5月の中国コート紙輸出は合計で5万9,333トン(前年比23.3%減)、そのうち米国向けは6,390トン(同79.0%減)となった。同1?5月の累計は33万3,614トン(同2.0%増)、同米国向けは8万6,088トン(同34.1%減)となった。
2007年5月の韓国コート紙輸出は合計で15万7,108トン(前年比4.7%増)、そのうち米国向けは4万1,637トン(同1.6%減)となった。同1?5月の累計は73万573トン(同0.5%増)、同米国向けは18万9,129トン(同5.3%減)となった。
※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。


中国コート紙、米国向け輸出グラフ

China Customs のデータをもとに、中国の米国向けコート紙輸出のうち、2003年1月から2007年5月の月間推移をまとめた。それをみると、2006年3月の3万2,113トンをピークとする上昇トレンドがあり、その後、2006年7月から急速に下降している。
グラフを表示


南京のコート紙輸出が急増

Chinapaper Online によると中国江蘇省、南京のコート紙輸出は、2007年1-5月の累計で25万6千トン、前年同期比は26.1%増となった。増加の第1の理由として、世界の紙生産、供給の拠点が中国に移っているとした。
このエントリーに対するご意見、ご感想をコメント欄にお寄せください。


マレーシア2006年国際産業貿易リポート

マレーシア国際産業貿易省(MITI)が、6月29日発表したリポートによると、紙パルプ産業の2006年の成長率は対前年比13.1%増となった。
なお、同国の2006年紙・板紙輸入合計は231万9,396トンで前年比は3.4%減となった。そのうち日本からは19万2,102トン(同13.3%増)でシェアは8.3%となった。(当組合調べ)
このエントリーに対するご意見、ご質問等ありましたらコメント欄にご記入ください。


中国が小規模工場を閉鎖へ

中国造紙協会によると、国内の小規模、非効率的な紙・板紙工場で、合計650万トンの能力削減が実施される。これは、非効率、旧式な設備廃棄とともに公害削減、水資源の保全を目的としたもの。政府は2007年中から工場閉鎖をおこなう見込み。
Pulp & Paper International 7月号より


米国2007年5月コート紙輸入統計

米商務省が12日発表した貿易統計によると、2007年5月のコート紙(Coated Woodfree)輸入は、合計10万3,369トンで前年比は30.2%減となった。そのうち中国からは7,282トンで前年比は68.5%減と急減した。同韓国は3万7,897トン(前年比4.6%減)、インドネシアは207トン(97.1%減)となった。2007年1-5月の累計は、合計が51万3,356トン(26.0%減)、そのうち中国は5万7,331トン(44.1%減)、韓国は17万3,083トン(4.7%減)、インドネシアは7,347トン(70.2%減)となった。
5月30日より、当該各国にはアンチダンピングの保証金が徴収されている。


為替市場は、若干円高方向の見通し

6月後半の為替市場は一気に円安が進み、22日には123.77円となった。7月に入り10日に米格付け会社がサプライム住宅ローン担保証券の格付けを「引き下げ方向」で検討する可能性があると発表したことで円高方向に反転した。ただ、米景気が底堅いことや日銀の利上げペースも早まる動きは見られず急激な円高方向には進みづらい。過度の円安は輸入材価格の上昇につながる可能性もあり、注視。
7月18日、「最近の経済動向(関係閣僚会議資料)」より


台湾非塗工紙アンチダンピング公聴会

台湾経済部貿易調査委員会は7月17日、台北にて非塗工紙アンチダンピング産業損害最終調査公聴会を実施した。
その中で、アンチダンピング申請者である生産者側から、非塗工紙の不公正な価格の流入により、業界が海外に移転せざるを得なくなるとの懸念を示した。一方、出版・印刷業界からは、当該輸入は国内消費量の12%で、市場を左右するほどでないとし、アンチダンピング認定の場合、参考書の価格が大幅な値上げとなるなど反対の立場を表明した。
非塗佈紙反傾銷案 造紙業出版業激烈攻防


台湾非塗工紙アンチダンピング調査延長

台湾経済部貿易調査委員会は、7月12日付けで、非塗工紙アンチダンピングの最終決定期日を8月10日に延長するとの公告をおこなった。
原文
經濟部貿易調?委員會延長非塗佈紙反傾銷?案?業損害最後調?期限至96年8月10日止(公告日期:95年7月12日;公告字號:貿授調字第09600020970號)
主旨:有關「台灣區造紙工業同業公會申請對自日本、中國及印尼進口非塗佈紙課?反傾銷??臨時課?反傾銷?案」?業損害最後調?,基於利害關係人申請展延問卷填覆期限,爰延長調?期間二分之一至96年8月10日止。


中国、2007年上半期古紙輸入統計

2007年1-6月期における中国の古紙輸入は、合計で1,176万9,753トン、前年同期比は19.2%増となった。
主な供給国は以下のとおり。
カッコ内前年同期増減
米国 465万3,888トン(6.9%)
日本 169万6,704トン(7.4%)
英国 140万8,808トン(39.3%)
オランダ 87万9,814トン(30.2%)
香港 50万1,256トン(7.7%)
ドイツ 45万4,529トン(21.1%)
ベルギー 40万3,150トン(38.5%)
オーストラリア 34万3,156トン(25.6%)
カナダ 30万3,072トン(7.0%)
イタリア 25万3,433トン(165.0%)
(China Customs)


日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報