記事一部削除について

このたびRISI, Inc.より当組合宛、当ブログに掲載のRISI転載記事につき削除並びに今後の掲載停止を求める通知がありました。

当組合としてはガイドラインにしたがい、意図的な侵害はないものと考えておりましたが、これ以上は法的問題が生じるとして当該記事は掲載中止、過去にさかのぼり削除することといたしました。

つきましては、関係各位にご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

日本紙類輸出組合・日本紙類輸入組合

We recently received a notice from RISI, Inc. that requests to delete the articles posted on this blog and suspension of future publications from articles of RISI.

According to the guidelines, our association thought that there was no intentional infringement, but we decided as a legal issue  that the articles will be canceled and deleted back in the past.

We apologize for any inconvenience this may cause to you.

Japan Paper Exporters’ Association / Japan Paper Importers’ Association

スウェーデン 包装資材環境負荷レポート(1)

Swedish Environmental Research Instituteは去る5月、包装資材の環境負荷に対する紙とプラスチックの比較研究レポートを公表した。

同研究機関では、BillerudKorsnäs工場の紙ベースの製品について同種のプラスチック製品と環境負荷比較をおこなった。同研究では地球温暖化係数(GWP)、酸性化(AP)、富栄養化(EP)、光化学オゾン生成(POCP)の4つの主要環境指標をもちいた。

その結果、紙、プラスチックとも原料生産が環境指標にあたえる最も大きな要因であり、総合的にはプラスチックが紙よりも大きな環境負荷をあたえるとの結論となった。(続)

レポート(PDF)

2013年2月 中国、韓国コート紙輸出統計

2013年2月の中国コート紙輸出は合計で7万5,899トン(前年比41.1%減)、そのうち米国向けは1,250トン(同52.1%減)、EU27か国合計は9,738トン(同14.9%減)、日本は1万7,720トン(同60.0%減)となった。同1-2月累計は合計で17万13トン(前年比23.6%減)、そのうち米国向けは1,250トン(同56.2%減)、EU27か国合計は2万3,204トン(同19.2%増)、日本は4万769トン(同51.5%減)となった。

2013年2月の韓国コート紙輸出は合計で13万4,951トン(前年比14.9%減)、そのうち米国向けは3万3,941トン(同0.5%増)、日本は9,417トン(同20.5%減)となった。同1-2月累計は合計で27万4,326トン(前年比10.3%減)、そのうち米国向けは6万4,711トン(同5.4%増)、日本は1万8,999トン(同27.2%減)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。
2013年2月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で2万8,552トン(前年比10.6%増)、そのうち米国向けは1,535トン、EUは3,711トン、日本は719トン(同89.4%減)となった。同1-2月累計は合計で6万4,503トン(前年比31.2%増)、そのうち米国向けは4,384トン、EUは6,004トン、日本は1,491トン(同89.7%減)となった。

フランス エンサイクロペディア印刷版廃止へ

フランス・エンサイクロペディアUniversalis出版社は1960年代後半から44年間印刷出版してきたエンサイコロぺィア印刷版を終了し、今後デジタル版だけに集約する。
既にデジタル版は1995年から、インターネット版は1999年から入手可能となっている。エンサイクロぺディア印刷版の終了は既に米国American EncyclopediaBritanika社も実行しており、244年間継続発行してきた印刷版を2012年3月に廃止し以降デジタル版のみ発行している。
11月26日付け EUWID Pulp & Paperから抜粋

2011年10月 中国・韓国コート紙輸出統計

2011年10月の中国コート紙輸出は合計で11万9,027トン(前年比29.7%増)、そのうち米国向けは2,940トン(同2.0倍)、EU27か国 合計は1万714トン(同46.3%減)となった。同1−10月累計は合計で111万8,192トン(同17.5%増)、そのうち米国向けは1万1,650
トン (同69.9%減)、EUは11万1,990トン(同46.5%減)となった。
2011年10月の韓国コート紙輸出は合計で14万6,285トン(前年比9.1%増)、そのうち米国向けは2万4,805トン(同20.2%減)となった。同1-10月累計は合計で146万3,515トン(同19.3%増)、そのうち米国向けは30万1トン(同1.7%増)となった。
※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。
2011年10月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で1万7,322トン(前年比0.5%増)、そのうち米国向けは1トン、EUは916トン(同65.7%減)となった。同1−10月累計は合計で19万9,359トン(同0.7%減)、そのうち米国向けは1,336トン(同 90.1%減)、EUは1万2,640トン(同45.0%減)となった。

2011年8月 米国コート紙輸入統計

米商務省が13日発表した貿易統計によると、2011年8月のコート紙(Coated Woodfree)輸入は、合計6万3,914トンで前年比は12.3%減となった。そのうち中国からは445トンで前年比は2.6倍。同韓国は3万521トン(前年比0.3%減)、インドネシアは569トン(同約23倍)なった。同1-8月累計は合計が49万4,277トン(同12.3%減)で、そのうち中国が2,916トン(同72.1%減)、韓国が20万2,121トン(同4.4%増)、インドネシアが4,487トン(同3.6%増)となった。

 なお、2011年8月の中質コート紙の輸入は、合計6万4,603トン前年比は25.5%減となった。そのうち中国からは1,718トンで前年比は2.8倍。同1-8月累計は合計が42万8,745トン(同23.6%減)で、そのうち中国が3,648トン(同92.7%減)となった。

2011年6月 米国コート紙輸入統計

米商務省が11日発表した貿易統計によると、2011年6月のコート紙(Coated Woodfree)輸入は、合計7万2,739トンで前年比は27.9%増となった。そのうち中国からは322トンで前年比は24.3%減。同韓国は2万7,131トン(前年比33.1%増)、インドネシアは451トン(前年同月実績なし)となった。同1-6月累計は合計が36万6,381トン(同1.5%減)で、そのうち中国が2,363トン(同75.8%減)、韓国が14万4,603トン(同5.3%増)、インドネシアが3,5,82トン(同12.6%減)となった。
なお、2011年6月の中質コート紙の輸入は、合計7万2,322トン前年比は11.6%増となった。そのうち中国からは267トンで前年比は89.4%減。同1-6月累計は合計が31万2,613トン(同23.9%減)で、そのうち中国が1,360トン(同97.1%減)となった。 

中国 紙・板紙生産量世界一

中国造紙協会などによる「紙業持続的発展フォーラム」が6月18日開催され、2008年の紙・板紙生産量で、中国が米国を抜き世界第1位になったと表明した。

中国の2008年紙・板紙生産量は7980万トン、同消費量は7935万トンで、一人当たり消費量は60キログラムとなった。一方、米国の同生産量は7960万トンとなった。

2009中国纸业可持续发展论坛召开

AJCEP協定 タイと効力

経済産業省は、518日に日アセアン包括的経済連携(AJCEP)協定の効力の発生に関するタイの通告について発表した。これによると、平成2161日にタイとの間において効力が発生することとなる。我が国は、シンガポール、ラオス、ベトナム、ミャンマー、ブルネイ、マレーシア間で発効している。詳細は経産省ホームページを参照。

2009年3月 中国古紙輸入

2009年3月の中国古紙輸入は、合計で240万4,433トン(前年同月比4.5%増)で過去最高量となった。そのうち、米国から92万2,091トン(同7.6%減)、日本が43万5,237トン(同60.8%増)、英国が27万9,149トン(同2.0%減)、オランダが15万5,977トン(同14.4%減)などとなっている。

グラフを表示