紙・板紙海外動向 中国 2018年2月

2018年2月 中国輸出

紙・板紙輸出合計は32万1,986トンで前年比は20.8%減となった。そのうち、紙合計は18万9,576トン(同21.1%減)、板紙合計は13万2,410トン(同20.4%減)となった。

紙のうち、新聞用紙は860トン(同3.6倍)。上級印刷用紙は2万8,910トン(同25.2%減)と同急減。イラン向けが7,158トン(同46.8%増)、韓国が2,981トン(同0.8%増)。マレーシアが2,361トン(同60.0%減)と急減。コピー用紙は3万1,778トン(同8.5%増)と同増加。日本向けが1万7,041トンと同4割増、韓国向けが5,472トン(同3.7%減)。コート紙は7万2,953トン(同21.7%減)と同2割減。インド向けが9,406トン(同16.9%減)、台湾が5,880トン(同59.5%増)。日本が4,957トン(同52.2%減)と同半減。中質コート紙は2万167トンで同46.0%減。日本向けは43トン(前年同月1,025トン)。塗工印刷用紙合計は9万3,120トンで同28.7%減。

板紙のうち、段ボール原紙合計は8,376トンで同3.0%減となった。塗工白板紙は11万4,558トン(同22.8%減)で、ベトナムに9,258トン(同19.8%減)と同2割減。パキスタンに6,966トン(同34.3%減)、バングラディシュに6,930トン(同7.8%減)などとなった。

2018年2月 中国輸入

紙・板紙輸入合計は22万7,326トンで前年比は30.3%減となった。そのうち、紙合計は13万4,179トン(同12.8%増)、板紙合計は9万3,147トン(同55.0%減)となった。

紙のうち、新聞用紙は3万6,794トン(同2.9倍)で、韓国から1万114トン(同44.5%増)、オーストラリアから4,797トン(前年同月0トン)、ロシアから4,766トン(同50トン)などとなった。上級印刷用紙は2万1,696トン(同21.8%減)で、インドネシアから1万3,576トン(同27.6%減)などとなった。塗工印刷用紙合計は2万4,358トン(同5.2%減)で、日本から5,509トン(同61.8%増)、韓国から2,938トン(同43.5%減)などとなった。重袋用クラフト紙は9,187トン(同43.6%減)で、ロシアから2,352トン(同27.5%増)、カナダから2,235トン(同64.6%減)。日本から521トン(同43.6%減)。

板紙のうち、クラフトライナーは3万5,404トン(同44.5%減)で、米国から1万5,171トン(同42.2%減)、ロシアから8,459トン(同27.3%減)、オーストラリアから3,930トン(同77.4%減)などとなった。中芯原紙合計は8,842トン(同86.1%減)と同急減。台湾から3,465トン(同65.8%減)、インドネシアから2,002トン(同87.8%減)。日本から148トン(前年同月1万283トン)。段原紙合計は4万6,701トン(同65.6%減)となった。塗工白板紙は3万6,430トン(同34.9%減)で、スウェーデンから1万9,048トン(同34.1%減)、ブラジルから5,954トン(同16.8%減)などとなった。

2018年2月 中国パルプ、古紙輸入

パルプ合計輸入は202万8,636トンで前年比5.5%減となった。

古紙合計輸入は126万9,603トンで前年比47.8%減となった。そのうち、米国から58万6,475トン(同46.2%減)、英国から19万1,305トン(同37.7%減)、日本から9万2,969トン(同62.3%減)、オランダから6万4,626トン(同48.2%減)、香港から5万1,894トン(同8.1%減)などとなった。品目別には段ボール古紙が100万8,972トン(同30.6%減)、上質古紙が4万3,364トン(同41.7%減)、新聞雑誌古紙が21万7,267トン(同51.2%減)、その他(ミックス)古紙が0トン(前年同月46万1,416トン)となった。

中国輸出 2018年2月 (MT、前年同月比)
新聞用紙 860 (+171.3%)
上級印刷用紙 28,910 (▲25.2%)
同(特定形状) 31,778 (+8.5%)
中下級印刷用紙 2,510 (▲74.8%)
コート紙 72,953 (▲21.7%)
中質コート紙 20,167 (▲46.0%)
その他の紙 32,398 (+2.6%)
紙合計 189,576 (▲21.1%)
クラフトライナー 6,385 (+22.5%)
テストライナー 56 (▲55.6%)
中芯原紙(SCP) 1 (▲50.0%)
中芯原紙(その他) 1,935 (▲41.2%)
塗工白板紙 114,558 (▲22.8%)
非塗工白板紙 45 (▲74.7%)
その他の板紙 9,431 (+2.6%)
板紙合計 132,411 (▲20.4%)
紙・板紙合計 321,987 (▲20.8%)

中国輸入 2018年2月 (MT、前年同月比)

新聞用紙 36,794 (+188.4%)
上級印刷用紙 21,696 (▲21.8%)
同(特定形状) 9,457 (+229.9%)
中下級印刷用紙 8,695 (+13.6%)
コート紙 14,938 (▲15.4%)
中質コート紙 9,420 (+17.3%)
その他の紙 33,179 (▲21.6%)
紙合計 134,179 (+12.7%)
クラフトライナー 35,404 (▲44.5%)
テストライナー 2,455 (▲71.6%)
中芯原紙(SCP) 2,029 (▲85.5%)
中芯原紙(その他) 6,813 (▲86.2%)
塗工白板紙 36,430 (▲34.9%)
非塗工白板紙 801 (▲9.5%)
その他の板紙 9,215 (▲35.5%)
板紙合計 93,147 (▲55.0%)
紙・板紙合計 227,326 (▲30.3%)
Source: Global Trade Atlas

中国造紙工業2017年度報告

中国造紙協会は5月、「中国造紙工業2017年度報告」を発表した。

そのなかで、2017年の中国紙・板紙合計生産量は1億1,130万㌧で前年比は2.5%増となった。また、同消費量は1億897万㌧(同4.6%増)で、需給ギャップは233万㌧(同▲203万㌧)の生産超過となった。

紙・板紙海外動向 2017年中国統計(PDF)

http://www.jpeta.or.jp/overseas/chinastats2017.pdf

中国造紙協会ホームページ(中国語)

http://www.chinappi.org/reps/20180508160836956678.html

紙・板紙海外動向 タイ 2018年1月

2018年1月 タイパルプ、古紙輸入

パルプ合計輸入は5万8,389トンで前年比23%増となった。

古紙合計輸入は12万3,225トンで前年比9%減となった。そのうち、日本から1万9,234トン(同18%減)、オーストラリアから1万6,496トン(同14%減)、米国から1万3,081トン(同43%減)、シンガポールから1万1,829トン(同68%増)などとなった。品目別には段ボール古紙が8万4,857トン(同16%減)、上質古紙が6万3,517トン(前年同月実績無し)、新聞雑誌古紙が2万5,246トン(同86%増)、その他(ミックス)古紙が1万2,519トン(同38%減)となった。

紙・板紙海外動向 韓国 2018年1月

2018年1月 韓国輸出

紙・板紙輸出合計は21万7,199トンで前年比は8.7%減となった。そのうち、紙合計は15万5,089トン(同10.5%減)、板紙合計は6万2,111トン(同3.8%減)となった。

紙のうち、新聞用紙は3万9,648トン(同32.0%減)で、中国に1万5,172トン(同3.6倍)、インドに1万599トン(同53.1%減)などとなった。コート紙は9万7,068トン(同3.3%増)で、米国に2万8,163トン(同37.7%増)、イランに1万1,172トン(同44.2%減)。日本に4,632トン(同6.6%増)。コート紙のうち、印刷用紙以外のものは7,677トン(同40.8%減)で、米国に1,888トン(同62.6%増)、オーストラリアに1,202トン(同2.9倍)。日本に838トン(同24.6%増)。

板紙のうち、段原紙合計は1万1,345トン(同61.3%減)。塗工白板紙は4万9,430トン(同44.0%増)で、ベトナムに1万4,716トン(同62.3%増)、バングラディシュに5,697トン(同2.4倍)。日本に1,851トン(同26.2%減)。

2018年1月 韓国輸入

紙・板紙合計輸入は8万8,377トンで前年比は14.1%増となった。そのうち、紙合計は5万2,968トン(同8.0%増)、板紙合計は3万5,409トン(同24.5%増)となった。

塗工印刷用紙合計は1万2,239トン(同5.7%増)で、フィンランドから4,610トン(同3.3倍)、中国から2,950トン(同18.9%減)、日本から2,087トン(同57.9%減)などとなった。

紙・板紙海外動向 中国 2018年1月

2018年1月 中国輸出

紙・板紙輸出合計は43万3,871トンで前年比は0.7%増となった。そのうち、紙合計は25万6,941トン(同6.5%減)、板紙合計は17万6,930トン(同13.4%増)となった。

紙のうち、新聞用紙は396トン(同46.5%減)と前年比で急減した。上級印刷用紙は3万8,943トン(同27.2%減)と同急減。イラン向けが4,764トン(同68.5%減)、南アフリカが467トン(同88.2%減)、ベトナムが346トン(同83.6%減)と急減。コピー用紙は3万7,910トン(同27.6%増)と同急増。日本向けが1万8,172トンと同5割増、韓国向けが1万230トンと同8割増。コート紙は9万2,275トン(同0.1%減)と同微減。インド向けが8,620トン(同27.6%減)、日本が6,713トン(同15.8%減)と同減少。一方、ベトナムが5,542トン(同2.1倍)と同倍増。中質コート紙は3万9,693トンで同8.1%減。日本向けは54トン(前年同月1,402トン)。塗工印刷用紙合計は13万1,968トンで同2.6%減。

板紙のうち、段ボール原紙合計は7,166トンで同21.2%増となった。塗工白板紙は15万7,098トン(同16.2%増)で、マレーシアに1万3,173トン(同60.7%増)と同6割増、ベトナムに1万2,982トン(同42.0%増)、台湾に8,095トン(同36.6%増)と同急増。

2018年1月 中国輸入

紙・板紙輸入合計は42万9,005トンで前年比は86.5%増となった。そのうち、紙合計は25万768トン(同2.6倍)、板紙合計は17万8,237トン(同34.7%増)となった。

紙のうち、新聞用紙は6万7,690トン(同6.6倍)で、ロシアから1万7,415トン(前年同月49トン)、韓国から1万4,322トン(同3.4倍)オーストラリアから8,416トン(前年同月0トン)などとなった。上級印刷用紙は4万8,672トン(同97.8%増)で、インドネシアから3万2,834トン(同76.7%増)などとなった。塗工印刷用紙合計は4万6,800トン(同2.1倍)で、日本から1万303トン(同5.2倍)、韓国から1万145トン(同3.4倍)と同急増。重袋用クラフト紙は1万4,300トン(同52.8%増)で、カナダから3,156トン(同69.0%増)、スウェーデンから2,627トン(同11.9%増)。日本から1,375トン(同97.5%増)。

板紙のうち、クラフトライナーは6万2,653トン(同74.3%増)で、米国から3万7,024トン(同2.1倍)、ロシアから8,156トン(同5.7%減)、オーストラリアから5,207トン(同8.8%減)などとなった。中芯原紙合計は4万3,004トン(同0.1%減)でインドネシアから1万4,474トン(同14.7%増)、台湾から1万366トン(同27.1%増)。日本から769トン(同84.7%減)。段原紙合計は11万2,223トン(同35.4%増)となった。塗工白板紙は4万5,044トン(同16.1%増)で、スウェーデンから2万813トン(同16.1%増)、米国から8,862トン(同57.36%増)などとなった。

2018年1月 中国パルプ、古紙輸入

パルプ合計輸入は206万2,042トンで前年比17.8%増となった。

古紙合計輸入は123万7,493トンで前年比44.6%減となった。そのうち、米国から58万1,773トン(同39.0%減)、英国から15万4,067トン(同48.9%減)、日本から10万1,127トン(同52.6%減)、カナダから8万4,906トン(同15.4%減)、スペインから4万9,082トン(同33.2%減)などとなった。品目別には段ボール古紙が91万7,133トン(同33.8%減)、上質古紙が4万4,445トン(同38.1%減)、新聞雑誌古紙が26万1,427トン(同34.6%減)、その他(ミックス)古紙が1万4,487トン(同96.2%減)となった。

紙・板紙海外動向 台湾 2017年12月

2017年12月 台湾輸出

紙・板紙輸出合計は10万7,602トンで前年比は13%減となった。そのうち、紙合計は2万4,009トン(同5%減)、板紙合計は8万3,593トン(同15%減)となった。

紙のうち、上質印刷用紙は4,179トン(同18%減)。塗工印刷用紙は6,051トン(同2%増)で、中国向けが3,917トン(同2%増)。

板紙のうち、テストライナーは3万5,404トン(同12%減)で、ベトナム向けが1万2,904トン(同8%減)、中国が7,754トン(同18%減)などとなった。中芯原紙は2万8,647トン(同18%減)で、ベトナム向けが6,045トン(同43%増)、中国が5,577トン(同63%減)などとなった。段ボール原紙合計は6万6,240トンで同17%減となった。塗工白板紙は1万4,421トン(同5%減)で、マレーシアに5,886トン(同1%減)、ベトナムに2,836トン(同10%増)などとなった。

2018年2月 中国古紙輸入統計

2018年2月の中国古紙合計輸入は126万9,603トンで前年同月比47.8%減となった。そのうち、段ボール古紙が100万8,972トン(同30.6%減)、上質古紙が4万3,364トン(同41.7%減)、新聞雑誌古紙が21万7,267トン(同51.2%減)、その他古紙が0トン(前年同月46万1,416トン)となった。

2018年1-2月の中国古紙合計輸入は250万7,096トンで前年比46.3%減となった。そのうち、段ボール古紙が192万6,105トン(同32.1%減)、上質古紙が8万7,909トン(同39.9%減)、新聞雑誌古紙が47万8,694トン(同43.3%減)、その他古紙が1万4,487トン(同98.3%減)となった。

2018年2月 中国コピー用紙輸出統計

2018年2月の中国コピー用紙(HS480256特定形状)輸出は3万1,778トン(前年比8.5%増)で、そのうち日本向けが1万7,041トン(同38.9%増)、韓国向けが5,472トン(同3.7%減)となった。

同1-2月累計は6万9,687トン(同18.1%増)で、そのうち日本向けが3万5,213トン(同44.1%増)、韓国向けが1万5,702トン(同39.2%増)となった。

2018年2月 中国、韓国コート紙輸出統計

2018年2月の中国コート紙輸出は合計で7万2,953トン(前年比21.7%減)、そのうち日本向けは4,957トン(同52.2%減)、米国は1,733トン(同5.1%増)、EU27か国合計は9,452トン(同33.3%減)となった。同1-2月累計は合計で16万5,229トン(前年比11.0%減)、そのうち日本向けは1万1,671トン(同36.4%減)、米国は3,652トン(同64.8%増)、EU27か国合計は1万9,610トン(同29.4%減)となった。

2018年2月の韓国コート紙輸出は合計で8万3,049トン(前年比8.9%減)、そのうち米国向けは2万2,286トン(同1.3%増)、日本は4,061トン(同16.7%減)となった。同1-2月累計は合計で18万117トン(前年比2.7%減)、そのうち米国向けは5万449トン(同18.8%増)、日本は8,692トン(同5.8%減)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。

2018年2月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で2万167トン(前年比46.0%減)、そのうち米国向けは1,644トン、EUは3,629トン、日本は43トン(同95.8%減)となった。同1-2月累計は合計で5万9,859トン(前年比25.7%減)、そのうち米国向けは2,932トン、EUは1万1,653トン、日本は97トン(同96.0%減)となった。

HP研究者 紙の時代は終わらない

米ヒューレット・パッカード(HP)社のGlen Hopkins氏によると、世界の印刷市場は、縮小や停滞ではなく、依然として成長を続けている。アメリカではここにきて手に取れる本の需要が高まっているとし、写真や手紙など、愛情のこもった感情の刺激には物理媒体が有効として、スマホ、タブレットの普及が一巡した今だからこそ、手に取れる印刷物の価値が認識され始めていると述べた。

http://ascii.jp/elem/000/001/650/1650718/