米国「10+2ルール」、1月26日から本格実施

物流規制「10+2ルール」が2010年1月26日から罰則適用する本格実施に移行する。米国税関国境保護局(CBP)は本格的要の準備は整ったとしているが、物流企業からは依然不安の声が出ている。「10+2ルール」は、船積み24時間前に、米国向け貨物情報を、輸入者に10項目、船会社に2項目の申告を義務付け、未申告または瑕疵申告1件に付き最大5000ドルの罰金が科される。物流関係者からは輸出者側の理解が得られていない、顧客や取引関係者の教育する為時間が必要との要望が出ている。 
1月21日 通商弘報から  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。