米商務省、コート紙アンチダンピング、相殺関税を最終決定

米国商務省は10月18日、中国、インドネシア、韓国のコート紙(Glossy Paper)に対するアンチダンピングおよび相殺関税を認定する最終決定を発表した。
COMMERCE ANNOUNCES FINAL DECISION ON UNFAIR DUMPING AND SUBSIDIZATION OF GLOSSY PAPER
中国に対するアンチダンピング課税は21.12 から99.65パーセント、相殺関税は7.40から44.25パーセントとなっている。
11月30日に国際貿易委員会の最終決定が認められた場合、12月7日から実効される予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。