フィンランド ストラエンソ社中国市場参入計画拡大へ

同社財務担当者の話では、ストラエンソ社は東欧、ラテンアメリカ及び中国等継続的に拡大する市場に成長を探し求めなければならない。
既に中国南部で9万ヘクタールのユーカリ樹を植林しており、その用途は決定していない。中国は長年パルプ不足の状態で、輸入量も多く紙パルプ工場の建設も一案。中国で製紙業務拡大する際、自社使用する原材料の確保は重要な問題。インドは人口の多い大規模な市場だが、紙の消費量においては中国より10年遅れており、ストラエンソ社としては急速に発展する中国に重点を置く。
12月31日  中国紙網から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。