インド紙パルプ産業上昇機運、インフラ整備遅れ各種規制及び政治腐敗が経済成長を阻害

インド経済は各セクターの需要が伸びており、2010年通年で年約6%の成長が予想されている。インド紙パルプ産業の成長率はインドのGDPに呼応しており、年平均6?7%の伸びが期待されている。インド政府はその欠点をカバーするため努力はしているものの、インフラ整備の遅れや各種規制及び政治腐敗はビジネスや経済で大幅な成長を阻害している。(国際金融会社IFC―世界銀行民間部門)
 
抄訳あります
 
PaperAsia November/December 2009 から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。