中国2009年1-9月パルプ輸入急増

1-9月のパルプ輸入量は1064万トン、対前年同期比40.6%増、金額は50.6億ドル、対前年同期比7.5%減、平均輸入価格はトン当たり476ドルで対前年同期比34.2%下落。単月輸入量では一番が6月の138万トン、2番は9月で136万トン。平均価格推移は5月に438ドルに下落した後、9月に534ドルまで回復。パルプ主要供給国はカナダ、ブラジルとチリで輸入パルプの55%を占めている。パルプ輸入急増の背景:(1)政府のサポート。輸出税還付が製紙メーカーの生産意欲を高め、結果としてパルプ輸入が増加。(2)パルプ価格が下落し、製紙メーカーがパルプ在庫の積み増しを行った。針葉樹パルプ2008年6月価格は904ドルであったが、2009年7月には631ドルに下落。(3)紙製品の需要が回復し、パルプ増につながった。
12月21日 ChinaPaperOnline から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。