【続報】中国 Asia Symbol社日照工場でNBKP年産30万トンの改造ラインが操業開始

中国のAsia Symbol社は、山東省に位置する同社日照工場に於いて、年産30万トンの生産能力を有する改造ラインでNBKP生産を開始したことが分かった。昨年、同社はそれまで短繊維製品を中心として生産していたラインを改造し、NBKPも生産可能なラインへの転換を図っていた。しかしながら、当時中国パルプ市場ではLBKPの方がむしろ高価であった為、実際は即座に長繊維製品への生産移行は行なわなかったとしている。同社はインドネシアを本拠とする紙パルプ巨大企業であるAPRIL社の傘下にあり、先週よりNBKPへの生産へ切り替え、最大50日間のテスト運転を実施する見込みとしている。但し、切り替え以降も同ラインでは国内市場向けに月2万トン程度のLBKP生産も行なう予定。

2月1日付RISIから抜粋


2 Responses to “【続報】中国 Asia Symbol社日照工場でNBKP年産30万トンの改造ラインが操業開始”

  1. 匿名 より:

    APPではなくAPRILでは?

    • Mori Hiroaki より:

      ご指摘ありがとうございます。ケアレス・ミスです。修正致しました。引き続きご指導ご鞭撻お願い申し上げます。 森

Leave a Reply

日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報