イタリア 紙器研究レポート

イタリアBologna大学は、長期にわたる果実、野菜の梱包において紙による梱包は1㎠あたりの細菌の細胞数が1000未満であったのに対し、プラスチック梱包では同100から100万の細菌群が発生したとの研究を発表した。

一方、Lucence Paper Quality Centerは乳タンパクによるBio―Boardのプロジェクトについて衛生面とリサイクルの観点から効果を示した。

Paper Industry World / July

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。