中国 湖南省岳陽製紙 新規上質抄紙機テスト運転開始

同社はフォイト社製10号機(上質紙年産20万トン、可能米坪60-120gでメインは70-80g)のテスト運転を開始した。ワイヤー幅5,850mm、設計速度1,400m/分。品質向上のためメカニカルパルプAPMPの使用も検討している。フォイト社からは既に10号機と同仕様の9号機(年産20万トン)も購入済みで10月中旬からコピー用上質紙の生産を開始し主に国内に販売の予定。

8月19日付 RISI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。