ロシア 2008年紙パルプ概況

ロシア紙パルプ産業協会は「2008年ロシア製紙産業報告」を発表した。

2008年のロシア紙パルプ生産量は996万2400トンで、一人当たり消費量は53Kgとなった。また国内自給率は71.1%(前年比マイナス2.4ポイント)となった。

2008年第4四半期以降、国際金融危機により、紙パルプの需要が減退した。このため、2007年の「森林法」改訂による、紙パルプ生産工場設立への積極的な投資に影響をあたえた。

紙パルプの輸入超過が拡大するなか、長期的投資による生産プロジェクトの推進が必要だが、客観的には不可能となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。