中国 WTOへ米国ADに異議

中国当局は3日、WTO(世界貿易機関)に対し、中国産品への米国のアンチダンピング方法について調査を要求した。

http://www.wto.org/english/news_e/news13_e/ds471rfc_03dec13_e.htm

中国側が異議をとなえているのは米国独自のゼロイングという調査方法で、正常価格より高値の輸出に対しては差額はゼロとし、安値の場合のみ差額をダンピングマージンとするもの。
詳細な情報は後日公表する模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。