ラテンアメリカの木材価格2013年第2四半期世界的に最安値

Wood Resource Quarterly(WRQ)によると、2013年第2四半期ブラジルとチリのパル
プ及び製材用価格が過去2年で最安値となった。通常木材価格はパルプ及び材木生産
コストの約55-65%をしめており、ブラジルやチリは輸出市場で競争力を持ってい
る。ブラジルではパルプ材がブラジル通貨安の為㌦ベースで過去5年間に経験しな
かった水準に達しており2年前に比べ価格競争力が増している。チリではパルプ材価
格が2013年第2四半期は対前年同期比約8%下落しており、ユーカリ材平均コストは世
界で最低水準にありL材市場で世界最安値の生産国となっている。

11月20日付け PaperAgeから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。