米国 AFPA(米国森林製紙協会)議会の製紙産業支援を称賛

AFPAは米国議員による米国議会製紙部会新設を称賛している。連邦政策は米国製紙産
業の将来に重要な役割を果たし、超党による部会では米国経済上の製紙産業の重要な
役割に光を当て、連邦政策を通して製紙産業部門の持続発展報方法を考える。米国製
紙産業は国民が日常使用するティッシュから新聞用紙、筆記用紙、コピー用紙等幅広
く製品を製造し、全米国製造業のGDPの約4.5%、2000億㌦を占めている。製紙産業従
事者数は90万人で職場は多くが地方の共同体にあり、これらの共同体の経済は工場の
成功に大きく依存している。米国製紙産業は世界市場において競争力維持の為改革発
展を続けており、2006年から2011年に新設備や生産能力に約520億㌦投資している。
又、投資は重点的に廃棄物として埋められる量の約3倍以上を再使用することに向け
られ、2020年までに70%以上の回収率を目指している。

10月24日付け PULPAPERnews.comから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。