ジェトロセミナー:変わる 米国の物流セキュリティ規制

ジェトロは9月25日、セミナー:変わる 米国の物流セキュリティ規制 ‐テロ対策で規制強化に動く米国‐ を開催した。

同時多発テロを契機として、米国ではテロ対策強化の観点から港湾に出入りする貨物に対するセキュリティ規制が強化されてきている。安全保障の概念が、危険物を水際で阻止する考え方から輸出国の積出港において阻止する考え方に大きくシフトしてきており、米国のセキュリティ規制が日本の輸出業者等にも大きな影響を与えることとなりそうである。

内容
1.「物流セキュリティ規制の概要・今後の見通し」
 日本機械輸出組合 橋本 弘二 氏、多田 正博 氏

2.「物流セキュリティ規制に対する現地企業の意見(北米物流研究会報告書より)」
 ジェトロ・ロサンゼルス ダイレクター 水谷 剛氏

(10+2ルール草案)

Importer Security Filing and Additional Carrier Requirements

※10+2ルール草案仮訳等の資料は当組合にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。