中国 遼寧省撫順市に東北部最大の近代化印刷基地建設

長江デルタ及び珠江デルタに並ぶ印刷基地を2017年完成を目途に、遼寧省撫順市沈撫新城の中国東北部に東北地区最大の近代印刷基地を建設する。敷地面積は3キロ平方で、総売上高合計は300億元となる。現在遼寧省には約3600社の印刷会社が存在するが、会社が分散しており、市場競争力もなく小規模の為大量注文は外部の長江及び珠江デルタの印刷会社に流出している状態。

5月10日付け 中国紙網から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。