通関所要時間短縮化

最近20年間で通関所要時間はかなり短縮化されている。第一回調査時(平成3年)に比べ、平成24年の実施調査では、◎海上貨物―入港から貨物引き取りまでの時間が7日(168.2時間)から2.5日(60.7時間)、税関手続き時間は26.1時間から2.6時間に短縮。 ◎航空貨物―航空機到着から貨物引き取りまでの時間が2.2日(52.6 時間)から0.6日(13.4時間)、税関手続き時間は2.3時間から0.3時間に短縮されている。通関所要時間の短縮はかなり限界まで来ているのが実情。

「貿易と関税」2013.5から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。