APP社 幹部語る

Pulp and Paper International 8月号は、Asia Pulp and Paper 社 Suresh Kilam 部長のインタビューを掲載した。
Kilam 氏は APP 社の環境対策について述べるとともに、今後の中国とインドネシアにおける工場買収を示唆した。また、中国紙パルプ産業の需要について、7-8年後には1億3千5百万トンから1億4千万トンになるとして、世界の50%のシェアとなると述べた。そのための原料調達については、ブラジル、チリの南米をはじめ、インドネシアおよびオーストラリアを挙げた。
PPI 誌最新号およびバックナンバーは当組合にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。