FAO 紙・板紙統計

当組合では、FAO統計をもとに、日本、米国の1961年から2011年までの紙・板紙統計をまとめた。
それをみると、日本では1980年代に生産量が2000万㌧を上回り、90年代には輸出量は100万㌧を上回った。
米国は、2005年以降輸入が減少となり、2009年には輸出超過となった。

faousa faojapan

FAO 紙・板紙統計” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。