サッピ社 コート紙ブラジル戦略

世界大手コート紙メーカーのサッピ社はラテンアメリカの販売シェア拡大を計画中。
ブラジルの販売量は過去2-3年に4-5%増加し、今後年間10万㌧販売して行く。ブラジルを含み他の南米地域のウルグアイ、チリ、アルゼンチン、パラグアイに年間20万㌧のコート紙を販売する計画。
6月5に付け RISIから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。