フィンランド 2007年紙パルプ統計

Finnish Forest Industries Federation の年次レポートによると、フィンランドの2007年紙・板紙生産量は1,172万2千トンで前年比は0.9%増となった。そのうち印刷筆記用紙は976万8千トン(同0.2%増)、板紙は合計で306万3千トン(同3.2%増)となった。
同輸出量は紙・板紙合計が1,019万6千トン(同1.1%減)で、印刷筆記用紙は合計で947万6千トン(同0.8%減)、そのうち中質コート紙が312万8千トン(同4.5%減)、板紙は合計で263万3千トン(同3.5%増)となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。