紙・板紙輸出および為替レート対比

当組合は、1998年から月別に紙・板紙輸出と円ドルレートの対比データを作成した。
それをみると、2002年の円安局面において輸出量がピークに達したもののその後の円高にともない減少した。一方、2007年後半からの円高局面においては輸出増加傾向にある。
(レートは日銀直物レートによる)
グラフを表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。