12月から韓国でも24時間ルール

韓国関税庁(KCS)は9月13日、マニフェスト事前提出制度(韓国版24時間ルール)の英文ガイドラインを発表、10月1日実施予定を輸出海上貨物と輸出入航空貨物は12月1日へ延期、輸入海上貨物と積み替え貨物(出発のみ)は今後実施日を指定する。KCSは3月24日付けで24時間ルールの改正を施行、猶予期間を設け、今年7月1日から実施を予定だったが、10月へ延期、更に12月へ再延期した。改正により、輸入の場合、船積み24時間前(原則)/中国など近海は出港前/バルク貨物は入港4時間前、輸出の場合は船積み24時間前(原則)/中国など近海は出港30分前/バルク・積み替え貨物は出港前となった。
「荷主と輸送」Oct 2011 No.444から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。