国際シンポジウム「東アジアの国際生産ネットワーク:モノの貿易から「価値」の貿 易へ

10月19日、ジェトロ・アジア経済研究所主催のシンポジウムに出席。基調講演に次いで、「国際産業連関分析からみた東アジアのサプライチェーン:その歴史的展開と展望」、「国際生産ネットワークの発展と貿易への影響:付加価値貿易の計測に向け
て」の報告があった。東アジアにおける生産ネットワークは国境を越え、国際分業体
制はますます複雑化、細分化され、多くの国が1つの製品へ連なるサプライチェーン
に組み込まれている。今、多くの国際機関で貿易の新たな計測方法を模索する動きが
ある。例えば、「付加価値貿易」:製品をその生産工程ごとに分解し、各工程で付加
価値の源泉を問うことで輸出国・輸入国の関係を構築するもの。中国の輸出品は主に
東アジア諸国が供給する部品等生産されており、付加価値ベースでみると、部分的に
は中国国外に原産地があると考えられ、「原産国」という伝統的概念では現実を捉え
られなくなってきている。
関連資料(英文・日文混合)当組合にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。