中国 海南金海紙パルプ 90万㌧機械稼動へ

海南洋浦経済開発区の金海紙パルプ工場で、7月6日に2号機が稼働した。年産能力90万㌧―塗工紙、機械幅10960mm、設計速度2000m/分(実際1800m)、生産米坪150-250g)。本プロジェクトは新たに3000人の雇用を創出し、海南地区の紙パルプ周辺企業や産業の発展に貢献する模様。
7月12日付け ChinaPaperOnlineから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。