2013年 中国は世界最大の段ボール箱市場へ

4月上海国際博覧センターで開催された「2011中国国際中芯(段ボール)展」によると、中国の段ボール箱産業は年平均18-20%成長すると予想され、2013年には中国は世界最大の段ボール箱市場となる。中国は世界クラスの包装大国で、2009年の包装産業総生産高は約1471億ドル。全世界の包装産業生産規模は5638億ドル、そのうち紙関連包装市場は2160億ドルで約38%を占めた。中国造紙工業2009年度の報告では、2000年から2009年に中国国内紙・板紙生産量、消費量は大幅に増加し、それぞれ183.2%、139.6%であった。中国段ボール箱産業の将来の成長率は18-20%が見込まれており、2013年に米国を超え世界最大の市場となる見込み。
4月7日付け 中国紙網から抜粋

3 Responses to “2013年 中国は世界最大の段ボール箱市場へ”

  1. 越川頼知 より:

    友人から中国の段ボールの生産量を聞かれたのですがどこへ照会して良いか分からぬ時このブログを見ました。どうぞ下記質問の数量(出典も)あるいはどこへ聞けば良いか教えていただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。
    『中国の段ボールの生産量を1996年、2001年、2006年、2011年、
    2016年の5年おきに分からないでしょうか?』

  2. imamura-jpeta より:

    中国段ボール原紙の生産量
    1996年 1,465万トン
    2001年 1,060万トン
    2006年 2,280万トン
    2011年 3,970万トン
    2015年 4,470万トン
    2016年のデータは出ていません。
    出典は1996年データはRISI、そのほかは中国造紙協会
    RISIの分類はPackaging Paper and Board

  3. 越川頼知 より:

    有難うございます。出典も含め斯様な形で押していただき感激いたしております。もし友人から更なる質問があった際は宜しくお願い申し上げます。越川拝

Leave a Reply

日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報