(統計)パルプ輸入1988-2008年推移

財務省通関統計をもとに、我が国の晒クラフトパルプ主要供給国別輸入推移をみると、針葉樹パルプがカナダからを主に2000年以降輸入数量が減少傾向にあるのに対し、ブラジル広葉樹パルプが比較的数量を保っている。キロ当たりの平均単価はいずれも2006年末頃から高水準にある。
1988年-2008年輸入推移(ファイルを開くには紙類貿易オンライン統計システムのパスワードを入力してください)


Leave a Reply

日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報