Maersk Lineが世界最大の1万8,000TEU型を10隻発注 13-15年に欧州航路投入

Maersk Line(デンマーク)は21日、韓国の大宇造船海洋(DSME)に1万8,000 TEU型コンテナ船10隻(20隻追加建造のオプション付き)を発注、デリバリーは13-15年を予定、アジア/欧州航路に投入する。 発注したのはTriple-Eと称する世界最大型かつ最高省エネ型のコンテナ船、全長400m、幅59m、1万8,000 TEU積み。コンテナ当たりCO2排出量は現在もっとも排出量の少ない船型(Emma Maersk)から20%削減、アジア/欧州航路の業界平均に比べると50%も削減が可能。
2月23日付け SHIPPING GUIDEから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。