「2011年の米国政治経済をうらなう」

1月21日にジェトロ海外調査部主催掲題セミナーに出席。講師:ジェトロ・ニューヨーク次長 梶田朗氏。2011年1月からオバマ政権が発足し3年目を迎え、中間選挙で争点となった「政治・雇用・財政赤字」などの課題をいかに克服するか、通商・産業政策でどのような手腕を発揮するかオバマ政権の政権運営に注目が集まっている折、タイムリーな項目を中心に説明解説がなされた。
 
関連資料当組合にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。