ヨーロッパ州 Smurfit Kappa社がドイツの板紙工場と製函工場を売却へ

アイルランドを本拠とするSmurfit Kappaグループは、ドイツGernbachに位置する同社Baden板紙工場とWeisenbachに位置する加工工場を売却する方向で、産業保有および民間投資会社であるLivia Groupと二者間協議に入ったことが分かった。対象となっているのは、当該の板紙工場と加工工場に加え、従業員275人であるとしている。Liviaグループの広報担当者によると、この情報は既に関連の労働協議会へ告知されているとしているが、現時点でそれ以上の詳細の公表を控えている。また、Smurfit Kappaグループも本件に対するコメントを控えている。Baden板紙工場は、裏白チップボール年産15万トンの生産能力がある。

5月15日付RISIから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。