アジア州 パキスタンのICI社がソーダ灰工場の生産能力を増強

ICIパキスタン社は、同社のソーダ灰工場の生産能力を年産75,000トン分増産強化したとして、月曜日に発表した。同社総務部長Saima Kamila Khan氏がパキスタン証券取引所に向けて月曜告知したところによると、同国Khewraに位置する同社ソーダ灰製造工場の生産能力を年産15万トンへ引き上げる増産プロジェクトに於ける第1段階としての稼働開始と、順調に滑り出した試運転を喜んで発表するとしたもの。(注:ソーダ灰=工業用無水炭酸ナトリウム)

2月13日付RISIから抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。