フィンランド ロシア木材輸出税を懸念

Finnish Forest Research Institute の研究レポートは、ロシアの木材輸出税引上げ政策により、フィンランドに6千人の雇用危機などの打撃を与えると警告した。
1立方メートル当たり50ユーロの税引上げが実施された場合、フィンランド紙パルプメーカーのロシアからの需要は減少する模様。
Income and employment effects of change of roundwood use in Eastern Finland and the Republic of Karelia
紙パルプメーカーのStora Enso 社は、ロシア木材輸出税がすべて発効されるか明らかではないと述べた。そのうえで、EUは交渉を続けており、1年間にわたって妥協点を探っているが楽観はできないとした。
Stora Enso believes Russia will compromise on wood tariff issue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。