中国 Shantou Piaohe社が広東省で年産1万2千トンの新ティッシュ・ラインを稼働開始

中国のShantou Piaohe Paper社が、広東省汕頭市に位置する同社唯一の工場に於いて、このほど年産1万2千トンの新たなティッシュ・ラインで試運転に入ったことが分かった。中国メーカーBaotuo Paper Machinery Engineering社が供給した同ラインは、抄き幅2,860㎜で、設計スピードは分速800mとなっている。当初、同ラインの稼働開始は昨年8月に予定されていたが、遅延理由は明らかにされていない。一方、このラインと同一のティッシュ・ラインが2014年12月に同工場で稼働を開始している。

1月8日付RISIから抜粋


Leave a Reply

日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報