中国 中国のビスコース・メーカーSateri社が九江工場の拡張工事を開始

世界有数の高品質ビスコース・メーカーである中国のSateri社が、11月27日、同国江西省九江市に位置する同社工場でいわゆる百万トン・プロジェクトに着手したことが分かった。同市Lianxi市轄区に於ける投資額120億人民元のプロジェクトは、九江市では同社3番目の生産拠点であり、合計100万トンに到達すべく4段階に分けて作業が実施されるとしている。同社は、国内外の生産拠点を含め、市場状況に応じて拡大ペースを調整しながら、2025年までに年間300万トンのビスコース繊維を製造する体制を構築するとしている。また、同社の経営陣と九江市政府の高官らが出席したセレモニー席上で、同市Hukou郡で16万トン規模のビスコース増産プロジェクトが順調に進行しており、2018年初頭に生産を開始する予定であると発表した。

12月4日付RISIから抜粋


Leave a Reply

日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報