WWF インドネシアの森林破壊レポート

WWF(世界自然保護基金)は2月27日、インドネシアスのスマトラ島リアウ州で、過去25年間に州の6割に相当する420万ヘクタールの熱帯雨林と泥炭林がうしなわれたとの報告をした。そのなかで特に、アジアの大手製紙会社、APP社とAPRIL社による森林伐採が、広範囲で、しかも多くが違法な形で行なわれてきたことが、破壊の大きな要因となってきたとしている。
Pulp and palm oil the villains in Sumatra’s global climate impact and local elephant losses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。