国土交通省―国際コンテナ戦略港湾の整備・機能強化に1313億円概算要求

国交省は国際コンテナ戦略港湾[京浜港、阪神港]のバブ機能強化(日本への基幹航路就航の維持・拡大に向け貨物を戦略港湾に集約)に向けた、インフラ整備と貨物集約などの総合的対策としてに2011年度1313億円の概算要求を出した。
 
◎インフラ整備
・港湾直轄事業の国費負担率と対象施設の見直し
・港湾経営会社取得の倉庫等、上屋施設の税制特例措置
・荷捌き地、荷役機械整備上の無利子貸付
・大型ガントリークレーン等の整備促進
 
◎貨物集約
・戦略港湾と地方港を結ぶ内航フィーダー輸送に不可欠な荷役機械の整備
・戦略港湾に集約積替をする物流構造への転換
(具体的には戦略港湾ヘのフィーダー機能強化に向け、北海道、東北、瀬戸内、九州などで
新規内航航路を立ち上げ広域からの貨物集約を行う)
 
2010年9月 「荷主と輸送」から抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。